相続税がかかるなら税理士へ

相続税が掛かる場合、税理士に依頼をした方が良い場合が在ります。それは、相続財産が不動産である場合において土地評価をできるという事、税務書類についての作成やコンサルティングができる事、相続税の申告を代行してくれる事、です。税理士は、税務上の土地評価に関する知識を有している人とみなされており、土地評価の実務力が在るといっても過言ではありません。また、実績が多かったり評価が高い税理士に頼んだ方が無難かもしれません。

相続財産ですが、生命保険以外のもので、3千6百万円以下であれば所得並びに相続税は非課税となります。何ら気にする事はありません。ただ、3千6百万円を超える場合は、課税対象となります。税理士に相談をする場合の料金ですが、無料~5千円程度となっています。

また、税理士ができる業務としては、先述した主なものとして、相続税の申告や相続財産の評価となっています。他は、相続財産の調査や、戸籍収集も業務の対象となっています。

相続税の申告ですが、これは税理士の独占業務となっています(ここでいう税理士ですが、税理士の試験に合格し、税理士会に登録をして会費等を納付している人をいいます)。また、税理士に対して、相続税に関して発生した法律問題を解決した際に納付すべき報酬ですが、20万円を基準として、ケースによって増減される事になっています。